口腔外科ORAL SURGERY

口腔外科では、
お口の中や周辺の
外科的な処置を行います
SURGICAL TREATMENT

口腔外科という診療科目名を聞いたことがない方もいるかもしれませんが、
口腔外科とは、お口の内部や顎関節などに関する外科的な診断、治療を行う診療科目です。
親知らずの抜歯、顎関節症の治療、口内炎の治療などを行います。
当院では、難しい症例にもできるだけ対応していますので、
大きな病院にかかった方が良いのかお悩みの方もまずは気軽に当院へお越しください。

治療内容

親知らずの抜歯

親知らずは、永久歯の中では最も遅く、最奥部に生える奥歯です。生えてくる時期には、10代後半から20代前半と個人差があります。その生え方もまちまちで、顎に対して垂直に生えることもあれば、水平に生えたり、歯肉に埋まったまま出てこなかったりすることもあります。

親知らずが顎と垂直に生え、虫歯・歯周病の心配がない場合は問題がありません。しかし、親知らずが水平に生えたり、虫歯・歯周病のリスクとなっていたりする場合は、抜歯をおすすめします。そのままにしていても、悪化のおそれがあるためです。また、歯ぐきに埋まったままの埋伏歯も、歯並びに悪影響を与えている場合は抜歯をした方が良いでしょう。

CTを利用した埋伏智歯抜歯症例
CASE

  1. パノラマレントゲン画像では、根尖の状態は分かりにくくなっています。

    STEP01
  2. しかし、CT画像では、根尖が直角に曲がっていることが分かります。根尖を折ってしまうことが予想される難症例です。

    STEP02
  3. 前額断のCT画像では、下歯槽管(動脈、神経などの管)までの距離が把握できます。

    STEP03
  4. 実際に抜歯を行ったところ、根尖が破折してしまいました。根尖が曲がって存在していることが事前に分かっていたため、再度根尖のみを摘出する手術を行いました。この画像は、後で根尖と親知らずを合体して形を修復したものです。

    STEP04

意図的再植の症例
CASE

  1. 歯肉にフィステル(膿の出口)があります。

    STEP01
  2. レントゲンで右上第一大臼歯に根尖病巣を
    確認しました。

    STEP02
  3. CT画像で詳しく検査をし、歯根破折を確認しました。

    STEP03
  4. 口蓋根のみ意図的再植手術を実施します。

    STEP04
  5. 根尖性歯周炎によってできた嚢胞を摘出します。

    STEP05
  6. 術後、コア(土台)をセットしました。

    STEP06
  7. 上部をセットすると、フィステルが消失し、
    良好な予後となりました。

    STEP07
顎関節症

顎関節症は、顎の関節への負担が原因で、口の開閉に支障が出る症状です。顎関節症になると、口を開けるときに変な音がしたり、口が大きく開かなくなってしまったりすることがあります。多くの場合、関節円板という顎関節のクッションとなっている部位が、本来の位置からずれることから発症します。顎関節症の治療には、運動療法や薬物療法のほかにもスプリント療法があります。

当院では、なかなか治療をしても良くならない難症例にも対応しています。長年悩んでいた顎関節症の改善を図りたいという方は、当院にご相談ください。

口腔がん検診

口腔がんとは、お口の粘膜の上皮にできる悪性新生物です。舌、歯肉、唇、頬の裏側、舌の下側など、歯以外であれば口腔内の全ての部位に発生する可能性があります。口腔がんは体内のがんとは違い、目で見て確認することができます。口腔がんは発見が遅れると、悪化の一途をたどり、進行末期がんとなります。

当院では、ご希望の患者さんに口腔がん検診を行っています。口腔内にしこり・ただれなどを発見し、なかなか治らない場合は、一度検査を受けることをおすすめします。

君津中央病院と連携

口腔がん検診によって、悪性の腫瘍が見つかった場合は、君津中央病院をご紹介しています。患者さんは君津中央病院にて、検査結果を基に更なる精密検査や治療を受けていただくことができます。最初から大きな病院にて検査することに躊躇されている方でも、検診を受けていただきやすい体制となっています。