詰め物・かぶせ物・ホワイトニングCOSMETIC DENTISTRY

詰め物・かぶせ物
CROWNS & INLAYS

保険適用で虫歯を治療すると、銀歯を入れることが多くなります。
銀歯は治療が安価ですが、様々なデメリットを持っています。
たとえば、目立つことや経年劣化をしやすいこと、内部で虫歯が再発しやすいこと、
金属アレルギーのある方には適用できないことなどのデメリットが挙げられます。
これらのデメリットがないのが、セラミック製の白い歯です。

セラミックの修復物は、物質の変化がしにくく、虫歯の再発が起こりにくいのが特長です。
また、金属アレルギーがある方でも適用が可能です。セラミック歯の治療は自由診療となります。
これから虫歯治療をされる方は、長持ちする修復物を検討されてみてはいかがでしょうか。

こだわりを持って作る
詰め物・かぶせ物

当院では、自費診療の補綴物は、保険診療のものとは別の歯科技工所に製作の依頼をしています。キャリアの長い歯科技工士が、ほぼ当院の専任のような形で製作にあたっています。たとえCAD/CAM冠であっても、精細な調整を経て当院に送られてきます。

このように、熟練の歯科技工士が作製にあたっているため、実際に装着したときに、ほとんどのトラブルを回避することができます。患者さんのお口の中で長く持ってほしいため、こだわりを持って、詰め物・かぶせ物を製作しています。

治療の流れ
FLOW

  1. 診断・根の治療

    歯の状態を検査し、診断を行います。治療説明を行い、根の治療が必要な場合は必要に応じた治療を行います。

    STEP01
  2. 神経の治療

    歯の根の治療が必要な場合は、神経に代わるお薬を根の先まで入れていきます。再発を防止する上でも、被せ物を作る前に行う大切な治療です。

    STEP02
  3. 型摂り

    印象材を用いて歯の型摂りを行います。歯科技工所にて歯の型を基に被せ物を作製します。

    STEP03
  4. STEP03
      型摂り・治療
      • 土台を立ててマイクロスコープで確認しながら、正確に削り出します。
        ※神経のある歯の場合は治療1回目、2回目の工程は省きます。

      • 型摂りの際、歯のラインがしっかりと出るように歯と歯肉の境目に圧排糸を入れます。

      • 仮歯を装着し、5分程待ちます。

      • 止血や周りがきれいになったか確認後、型摂りをします。

      • 仮歯を装着して診察終了です。

      その後、歯科技工所へ製作の依頼をします。技工所での補綴物の作成の際、マイクロスコープを使用し、更に精度の高い補綴物を作成しています。
      ※STEP3は約1時間半ほどかかります。
      ※歯肉に炎症があると、出血しやすく型摂りに非常に時間がかかります。正確な模型を作るためにも歯肉に炎症が起きないよう、日頃の歯ブラシや歯間ブラシなどでのお手入れが不可欠です。
      • 土台を立ててマイクロスコープで確認しながら、正確に削り出します。
        ※神経のある歯の場合は治療1回目、2回目の工程は省きます。

      • 型摂りの際、歯のラインがしっかりと出るように歯と歯肉の境目に圧排糸を入れます。

      • 仮歯を装着し、5分程待ちます。

      • 止血や周りがきれいになったか確認後、型摂りをします。

      • 仮歯を装着して診察終了です。

      • その後、歯科技工所へ製作の依頼をします。技工所での補綴物の作成の際、マイクロスコープを使用し、更に精度の高い補綴物を作成しています。 ※STEP3は約1時間半ほどかかります。 ※歯肉に炎症があると、出血しやすく型摂りに非常に時間がかかります。正確な模型を作るためにも歯肉に炎症が起きないよう、日頃の歯ブラシや歯間ブラシなどでのお手入れが不可欠です。

  5. 完成・装着

    10日前後で被せ物が完成します。その後は仮歯を外し、完成した被せ物を実際に装着します。形と色、噛み合わせの調整を必要に応じて行い、治療完了です。

    STEP04

詰め物・かぶせ物
の種類
TYPE

  • ジルコニア
    ポーセレンクラウン

    ジルコニアのフレームの上に陶材を焼き付けたかぶせ物です。ブリッジや連結冠にも対応できます。

  • フルジルコニアクラウン

    フレームから外側まで全てジルコニアで作られたかぶせ物です。金属を全く使いませんが、強度が高く、奥歯にも適用が可能です。ブリッジにも対応できます。

  • ハイブリッドクラウン

    メタルを使用し、セラミックとレジンを混ぜた素材で作製したかぶせ物です。硬度がそこまで高くないため、経年的に白い部分が摩耗して内面の金属が露出する可能性があります。表から見えない部分は金属だけにするなどの工夫を行います。

  • メタルボンド

    金属で作ったフレームにセラミックを焼付けた修復物です。土台が金属のため、強度が高く、奥歯にも適用が可能です。金属を使用するため、アレルギーがある方には、お勧めできません。

  • 14Kゴールドインレー

    金でできた詰め物です。天然歯に近い硬さをしているため、噛み合わせの歯を傷付けにくいのがメリットです。金は生体親和性が高いため、アレルゲンとなりにくい金属です。

  • ハイブリッドインレー

    セラミックとレジンが混ざった素材でできた詰め物です。レジンが含まれているため、多少水を吸うという特徴があります。

  • ジルコニアインレー

    固くて強度のあるジルコニアの詰め物です。他のセラミックのインレーと比べて、割れにくいと言えます。

ホワイトニング
Whitening

ホワイトニングの種類
TYPE

ホームブリーチング

ご自宅で行っていただくホワイトニングです。ご自宅で薬剤を歯に塗布し、トレーを装着することで、歯のトーンを明るくします。効果は少しずつ出るため、毎日2時間で延べ2週間ほどの間、毎日トレーを装着しましょう。

ウォーキングブリーチ

神経を抜き、変色した歯を白くするためのホワイトニングです。歯は神経を除去すると、数年で黒ずむことがあります。そのときに、象牙質の中に薬剤を入れ、内側から漂白するのがウォーキングブリーチです。

ホワイトニングの
術前と術後の比較
COMPARISON

  • Before
  • After